好きなデザインをプリントしよう|オリジナルTシャツで個性を活かす

作成の種類

衣類

オリジナルTシャツの作成方法について

Tシャツに好きなデザインをプリントなどをしてオリジナルTシャツを作成する方が増えてきています。作成方法も以前はオリジナルTシャツを作成している会社に依頼して作成するのが主流でした。最近ではそういった方法にプラスして自分で作成できるグッズが多数販売されています。業者に依頼して作成すると簡単に品質のよい物が作成できるというメリットがあります。そのかわり1枚だけでの作成は難しい、もしくはコストが割高になるといったデメリットもあります。こういった少ない枚数で自分だけのオリジナルTシャツを作成したい方には自分で作成する方も増えています。それにともない自作で必要な道具類もさまざまな種類のものが増えてきています。

オリジナルデザインのTシャツを作成

オリジナルTシャツはインターネットなどで作成してくれる会社は検索すると多数あります。そういった会社に作成してもらうのではなく市販のTシャツに手作りでオリジナルTシャツを作成することも可能です。手作りにもいくつかの方法があります。まずは手書きです。文房具メーカーなどから布用のペンや絵の具などが販売されています。画材屋さんなどで購入することができます。Tシャツに直接書くので手軽に作成可能です。またアイロンプリントといった方法もあります。パソコンとインクジェットプリンターとアイロンが必要になります。アイロンプリントが一番綺麗に自作のオリジナルTシャツを作成できるようです。使用する転写シートの種類も色々と増えてきています。その他にもある程度の慣れが必要ですがステンシルを使用しての作成も増えているようです。しかし、自分で作る場合は多大な時間を要する他にも、思った通りのデザインに仕上がらない場合があります。そうなってしまうと費用が無駄になってしまうので、業者に依頼する方が得策だといえるでしょう。

作成する時に大切なこと

キーパー

オリジナルTシャツを販売目的で作成するにも大切なポイントがあります。そのポイントを知っておくとお客さんの求めている商品を作成することができます。また、業者に依頼するにも様々な点に注意しながら選ぶことが重要となります。

もっと見る

人気なTシャツ

カラフルなシャツ

最近では当たり前に着られているものにオリジナルTシャツなどがあります。オリジナルTシャツは自分達でTシャツをデザインしていけるのです、作成の依頼ではお値段がお手軽になっている事から人気を呼んでいるのです。

もっと見る

ネットからでも購入可能

Tシャツ

スポーツではユニフォームが必要となるため、拘りのユニフォームを制作するところが多いです。ユニフォームを制作するには専門店に依頼するのが一般的でしたが、最近ではインターネットでも制作業者が増えています。

もっと見る